白タク(読み)シロタク

知恵蔵miniの解説

営業許可を受けず自家用車を用いてタクシー営業すること、またはその車のこと。日本では、タクシーは緑地ナンバープレートを付けるが、白タクは自家用車用の白地のナンバープレートをつけているためこう呼ばれる。海外の違法タクシーについても日本では白タクという。近年では、自家用車の登録ドライバーにスマートフォンを用い配車サービスを行う「ライドシェア(相乗り)ビジネス」が米国で生まれ欧米に広がっている。その代表的企業である米国の配車サービス企業「ウーバー」は、2015年2月に日本でライドシェアの運用実験を行ったが、国土交通省より道路運送法違反との指導を受け1カ月で中止した。15年10月には、安倍晋三首相が白タクの一部解禁を検討するよう指示したが、石井啓一国土交通相は慎重な考えを示している。

(2015-10-27)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「しろ」はナンバープレートの色で、自家用車であることを表わす、タクはtaxi の略) タクシーとしての営業免許を受けていないのに、客をのせ、運賃をとる自家用車。
※新西洋事情(1975)〈深田祐介〉日本「業者思想」欧州に死す「これが日本でいうところの白タク、もぐりのタクシーらしく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

朝三暮四

《中国、宋の狙公(そこう)が、飼っている猿にトチの実を与えるのに、朝に三つ、暮れに四つやると言うと猿が少ないと怒ったため、朝に四つ、暮れに三つやると言うと、たいそう喜んだという「荘子」斉物論などに見え...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白タクの関連情報