白タク(読み)シロタク

大辞林 第三版の解説

しろタク【白タク】

白いナンバー-プレート(自家用車のしるし)の自動車でタクシーの仕事をするもの。法律上認められていない。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

知恵蔵miniの解説

白タク

営業許可を受けず自家用車を用いてタクシー営業すること、またはその車のこと。日本では、タクシーは緑地のナンバープレートを付けるが、白タクは自家用車用の白地のナンバープレートをつけているためこう呼ばれる。海外の違法タクシーについても日本では白タクという。近年では、自家用車の登録ドライバーにスマートフォンを用い配車サービスを行う「ライドシェア(相乗り)ビジネス」が米国で生まれ欧米に広がっている。その代表的企業である米国の配車サービス企業「ウーバー」は、2015年2月に日本でライドシェアの運用実験を行ったが、国土交通省より道路運送法違反との指導を受け1カ月で中止した。15年10月には、安倍晋三首相が白タクの一部解禁を検討するよう指示したが、石井啓一国土交通相は慎重な考えを示している。

(2015-10-27)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白タクの関連情報