コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白地小切手 シラジコギッテ

デジタル大辞泉の解説

しらじ‐こぎって〔しらヂ‐〕【白地小切手】

要件の全部または一部を空白にし、後日その空白にした要件を取得者に補充させる意思で振り出した小切手

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しらじこぎって【白地小切手】

要件の全部または一部を空白にしたまま発行される小切手。空白は後日取得者が補充することが予定されている。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の白地小切手の言及

【白地手形】より

…しかし,補充が他にゆだねられている点では白地手形と共通であるから,完成手形であることから生じる差異を除いては,白地手形に関する理論が適用される。 なお小切手の場合(白地小切手)にも,以上に述べたのと同様のことがあてはまる。【今井 潔】。…

※「白地小切手」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

白地小切手の関連キーワード白地手形白地振出要件

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白地小切手の関連情報