白木 博次(読み)シラキ ヒロツグ

20世紀日本人名事典「白木 博次」の解説

白木 博次
シラキ ヒロツグ

昭和・平成期の神経病理学者 白木神経病理学研究所長;元・東京大学医学部教授。



生年
大正6(1917)年10月22日

没年
平成16(2004)年2月19日

出生地
東京

出身地
長野県

学歴〔年〕
東京帝国大学医学部医学科〔昭和16年〕卒

学位〔年〕
医学博士〔昭和25年〕

経歴
海軍軍医から昭和21年東京大学附属病院に入り、24年医学部助手、25年講師、31年助教授を経て、34年教授。大学紛争下の43〜44年医学部長を務め、50年退官。54年白木神経病理学研究所を設立。美濃部都知事のブレーンとして医療行政にも関わった。またスモン水俣病、ワクチン禍などの訴訟では患者側の証人として出廷した。著書に「アルツハイマー夜明け」「冒される日本人の脳」、共著に「脳を守ろう」。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android