コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルツハイマー Alois Alzheimer

デジタル大辞泉の解説

アルツハイマー(Alois Alzheimer)

[1864~1915]ドイツの精神医学者。クレペリンのもとで研究に従事。1906年、記憶障害に始まって認知機能が急速に低下し、発症から約10年で死亡に至った50代女性患者の症例を報告。クレペリンによってアルツハイマー病と命名された。→アルツハイマー型認知症

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

アルツハイマーの関連キーワードβアミロイド(Aβ)とアルツハイマー病アルツハイマー型初老期認知症アルツハイマー型老年認知症アミロイド前駆体蛋白質家族性アルツハイマー病遺伝性アルツハイマー病若年性アルツハイマー病アルツハイマー症候群認知症の国際会議アミロイドPET脳血管性認知症神経原線維変化JJ―ADNI老人性痴呆症アカシアの道プレセニリンセクレターゼ軽度認知障害若年性認知症

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アルツハイマーの関連情報