コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アルツハイマー Alois Alzheimer

デジタル大辞泉の解説

アルツハイマー(Alois Alzheimer)

[1864~1915]ドイツの精神医学者。クレペリンのもとで研究に従事。1906年、記憶障害に始まって認知機能が急速に低下し、発症から約10年で死亡に至った50代女性患者の症例を報告。クレペリンによってアルツハイマー病と命名された。→アルツハイマー型認知症

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

アルツハイマーの関連キーワードβアミロイド(Aβ)とアルツハイマー病アルツハイマー型初老期認知症アルツハイマー型老年認知症遺伝性アルツハイマー病若年性アルツハイマー病家族性アルツハイマー病アルツハイマー症候群アミロイドPET認知症の国際会議神経原線維変化脳血管性認知症プレセニリンアカシアの道正常圧水頭症軽度認知障害若年性認知症JセクレターゼJ―ADNIタウ蛋白質

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アルツハイマーの関連情報