白栲・白妙(読み)しろたえ

精選版 日本国語大辞典「白栲・白妙」の解説

しろ‐たえ ‥たへ【白栲・白妙】

〘名〙 の木の皮の繊維で織った白い布。雪・霞・雲などをたとえていうこともある。しらたえ。→しろたえの
※万葉(8C後)三・四七五「白細(しろたへ)に 舎人装ひて 和豆香山 御輿立たして」
※平家(13C前)一「白雪くだりて地をうづみ、山上洛中おしなべて、常葉の山の梢まで皆白妙に成にけり」

しら‐たえ ‥たへ【白栲・白妙】

日本紀竟宴和歌‐延喜六年(906)「すらみかどかしこみ斯朗陀弊(シラタヘ)の波かきわけて来ませるものを〈三善清行〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

青天の霹靂

《陸游「九月四日鶏未鳴起作」から。晴れ渡った空に突然起こる雷の意》急に起きる変動・大事件。また、突然うけた衝撃。[補説]「晴天の霹靂」と書くのは誤り。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android