コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御輿/神輿 ミコシ

デジタル大辞泉の解説

み‐こし【×輿/神輿】

神幸のとき、神霊の乗り物とされる輿。形は四角形・六角形・八角形などで、屋根に鳳凰(ほうおう)葱花(そうか)などを飾り、台には2本の担ぎ棒をつける。しんよ。おみこし。 夏》
(御輿)輿の敬称。特に、天皇の乗る輿。
「ひんがしの門は四つ足になして、それより―は入らせ給ふ」〈・八〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

御輿/神輿の関連キーワード御船祭り・御船祭繰り出す・繰出す暴れ祭り・暴れ祭暗闇祭り・暗闇祭火焔玉・火焰玉わっさわっさ揉み立てる鞍馬の火祭御輿・神輿水葱・菜葱さざめかす吉田の火祭宇土半島花・花代前田青邨捩り鉢巻白間津祭引っ担ぐ毛髪掠奪串本節

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android