コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

御輿/神輿 ミコシ

1件 の用語解説(御輿/神輿の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

み‐こし【×輿/神輿】

神幸のとき、神霊の乗り物とされる輿。形は四角形六角形・八角形などで、屋根に鳳凰(ほうおう)葱花(そうか)などを飾り、台には2本の担ぎ棒をつける。しんよ。おみこし 夏》
(御輿)輿の敬称。特に、天皇の乗る輿。
「ひんがしの門は四つ足になして、それより―は入らせ給ふ」〈・八〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

御輿/神輿の関連キーワード神幸祭男車玉輦乗輿神幸手の奴足の乗り物飛乗り乗移る乗継ぐ寄坐