コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本紀竟宴和歌 にほんぎきょうえんわか

百科事典マイペディアの解説

日本紀竟宴和歌【にほんぎきょうえんわか】

宮中での《日本書紀》講読の終了時に宴席で詠まれた題詠和歌の記録。2巻。公卿殿上人を対象に大学寮による〈日本紀講筵〉が始められたのは,嵯峨天皇の時代812年で,以来ほぼ30年程度の間隔で965年まで6度が知られている。それぞれが1年から数年に及ぶ長いものであった。内容は各回の覚書である《日本紀私記》にうかがえる。〈講筵〉終了時には〈竟宴〉が開かれ,その場で《史記》などの漢籍講読の終了時に書中の人物を題材として詠史詩が詠まれていたのにならい,《書紀》に登場する神・天皇・大臣などの名を取り上げて題詠が詠まれた。今日残っているものは,上巻に882年・906年度の42首,下巻に943年度の41首で,万葉仮名ひらがなの表記を併記している。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本紀竟宴和歌の関連キーワード恩賚・恩頼葦原の国紀淑望賢しい則る白妙

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android