コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本紀竟宴和歌 にほんぎきょうえんわか

百科事典マイペディアの解説

日本紀竟宴和歌【にほんぎきょうえんわか】

宮中での《日本書紀講読の終了時に宴席で詠まれた題詠和歌の記録。2巻。公卿殿上人を対象に大学寮による〈日本紀講筵〉が始められたのは,嵯峨天皇の時代812年で,以来ほぼ30年程度の間隔で965年まで6度が知られている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本紀竟宴和歌の関連キーワード恩賚・恩頼万葉仮名葦原の国紀淑望賢しい則る白妙宮中天皇

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android