白沢民右衛門(読み)しらさわ たみえもん

  • 白沢民右衛門 しらさわ-たみえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1749-1832 江戸時代後期の農民。
寛延2年生まれ。信濃(しなの)等々力町(とどろきまち)村(長野県穂高町)の里正(村長)。近在の9ヵ村と協力して灌漑(かんがい)用水路開削につとめ,文化13年拾ケ堰(じっかせぎ)とよばれる用水路を完成した。天保(てんぽう)3年死去。84歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ロジ担

《「ロジ」は「ロジスティクス」の略。「後方支援担当」の意》日本の外務省で、国際会議などの舞台裏の庶務担当者をいう。政府首脳の外国訪問の際の宿舎、乗り物の手配なども担当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android