コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白石公子 しらいし こうこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白石公子 しらいし-こうこ

1960- 昭和後期-平成時代の詩人,エッセイスト。
昭和35年6月15日生まれ。大妻女子大在学中に「現代詩手帖」に詩を投稿し,昭和55年19歳で現代詩手帖賞をうける。日常のできごとをユーモアでつつんだ詩をつくり,「ラプソディ」「ノースリーブ」「Red」などの詩集を発表。エッセイに「ままならぬ想い」「はずかしい」など。岩手県出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

白石公子の関連キーワード新藤兼人磯崎新川添登国際通貨問題黒人文学メタボリズム安保闘争教育改革コーマン鈴木清順

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android