コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白石加代子 しらいし かよこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白石加代子 しらいし-かよこ

1941- 昭和後期-平成時代の女優。
昭和16年12月9日生まれ。昭和42年鈴木忠志早稲田小劇場(現SCOT)に入団。「劇的なるものをめぐって」などの狂女役で注目され,その後「トロイアの女」に出演,国際的な評価をえる。平成元年フリー。4年「白石加代子・百物語」シリーズを開始。映画,オペラなど幅ひろく活動。24年松尾芸能賞優秀賞,同年旭日小綬章。26年菊池寛賞。東京出身。麹町学園女子高卒。本名は深尾加代子。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

タレントデータバンクの解説

白石 加代子


芸名
白石 加代子

性別
女性

血液型
AB

出身地
東京都

職種
タレント・俳優・女優

プロフィール
1967年、港区役所を退職し、早稲田小劇場(現・SCOT)に入団。1970年、『劇的なるものをめぐってⅡ』(演出:鈴木忠志)の主演で、「狂気女優」と評判になり、以後、同劇団の看板女優となる。『トロイヤの女』他数々のギリシャ悲劇を上演。同劇団の公演で、世界80ヶ所の都市を回る。1989年劇団退団。退団後も、鴻上尚史演出『ゴドーを待ちながら』、蜷川幸雄『夏の夜の夢』『身毒丸』、野田秀樹演出『虎』、長塚圭史演出『ビューティ・クイーン・オブ・リナーン』などさまざまな舞台で活躍。1992年からは、恐い話、不思議な話を語る、ライブ『百物語』(鴨下信一演出)を上演し、その身体性に富んだ舞台で、観客を魅了している。また、映像作品ではNHK大河ドラマ「義経」にお徳役で出演。 ナレーションも担当した他、幅広く活躍している。

代表作品
NHK『大河ドラマ「義経」』 / 日本テレビ『すいか』 / 映画『「金田一耕介」シリーズ』

出典 株式会社タレントデータバンクタレントデータバンクについて 情報

世界大百科事典内の白石加代子の言及

【前衛劇】より

… 次に,66年に早大出身の演出家鈴木忠志(1939‐ ),同じく早大を中退した劇作家の別役実(べつやくみのる)(1937‐ )らによって結成された〈早稲田小劇場〉は,早稲田の喫茶店2階に稽古場兼用のアトリエを持ち,別役実,佐藤信,唐十郎らの作品を次々と上演した。70年には,69年の《劇的なるものをめぐってI》に続いて,〈白石加代子ショウ〉と副題の付された《劇的なるものをめぐってII》を構成・上演,これは4世鶴屋南北の《桜姫東文章(さくらひめあずまぶんしよう)》,S.ベケットの《ゴドーを待ちながら》,泉鏡花の《湯島の境内》などの複合からなる夢と現実のはざまの世界を,同劇団の中心女優白石加代子演ずる狂気の女がさまよい生きるという内容のもので,従来の演劇における〈戯曲〉〈近代的俳優術〉などといった固定化した枠組みを解体させ,ゼロの地点から出発しようとする画期的な試みであった。その後は《トロイアの女》(1974),《バッコスの信女》(1978)などのギリシア古典劇の世界に拠った良質な舞台を作り出す一方,海外でも多くの公演を行っている。…

※「白石加代子」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

白石加代子の関連キーワードモノドラマ12月9日一人芝居天国の駅Q10

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白石加代子の関連情報