白米山古墳(読み)しらげやまこふん

国指定史跡ガイドの解説

しらげやまこふん【白米山古墳】


京都府与謝郡与謝野町後野白米山にある前方後円墳。古墳時代前期の4世紀ごろに築かれた日本海側最古のもので、丹後地域における古墳の波及を考えるうえで重要とされ、2002年(平成14)、国の史跡に指定された。古墳のある旧加悦(かや)町は、丹後半島のつけ根、天橋立のある宮津湾・阿蘇海に注ぐ野田川の中流域にあり、丹後地方でもっとも広い平野がある。古墳は東側の丘陵が平野に突き出した先端部分、平野部からの比高20mほどの小丘陵上に位置し、前方部を北に向ける。墳丘長約90m、後円部の径約52m、高さ約8m、前方部の幅約31m、墳丘は2段築成で全体に遺存状況がよい。後円部では葺石(ふきいし)が墳頂近くまで残っている部分があり、テラス面も確認された。また、複数の埋葬施設が認められたが、中心主体は東西方向の竪穴(たてあな)式石室で、長さ約4mと推定され、天井石6枚が確認された。テラス面にも小石室や石棺などの埋葬施設が認められた。北近畿タンゴ鉄道宮津線野田川駅から丹後海陸交通バス「加悦小学校」下車、徒歩約5分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android