コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野田川 のだがわ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

野田川
のだがわ

京都府北西部,与謝野町中部の旧町域。阿蘇海に注ぐ野田川流域にある。 1955年三河内村,岩屋村,市場村,山田村,石川村の5村が合体して町制施行。 2006年加悦町,岩滝町と合体して与謝野町となった。大部分が花崗岩でできた丹後山地に含まれ,農業が主産業。副業として丹後縮緬機業も行なわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

野田川
のだがわ

京都府北西部、与謝(よさ)郡にあった旧町名(野田川町(ちょう))。現在は与謝郡与謝野(よさの)町の北部を占める一地区。旧野田川町は1955年(昭和30)三河内(みごうち)、岩屋(いわや)、市場(いちば)、山田、石川の5村が合併、町制を施行して成立。2006年(平成18)岩滝(いわたき)、加悦(かや)の2町と合併し、与謝野町となる。京都丹後鉄道宮豊線、国道176号、312号が通じる。標高300~500メートル程度の丹後(たんご)山地と、地溝状の加悦盆地が東半を占め、加悦谷の中央を野田川が北に流れ、江戸時代には舟運を通じた。農業のほかに兼業として機業が盛んで、丹後縮緬(たんごちりめん)機業の一中心地をなし、縫取り縮緬などの高級品を産している。八幡(はちまん)神社の石灯籠(いしどうろう)は重要文化財。[織田武雄]
『『野田川町誌』(1969・野田川町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

野田川の関連キーワード日吉ヶ丘京都府与謝郡与謝野町作山古墳〈京都府〉熊山(旧町名)野田川〈町〉与謝野(町)与謝野[町]野田川[町]上津江[村]長壁 民之助岩滝[町]加悦〈町〉太田 典礼野田[町]白米山古墳加悦[町]蛭子山古墳出水平野湯野田橋織田武雄

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

野田川の関連情報