コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白蒸(し) シラムシ

1件 の用語解説(白蒸(し)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しら‐むし【白蒸(し)】

小豆(あずき)を加えないもち米だけの白いこわ飯。不祝儀用。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の白蒸(し)の言及

【強飯】より

…姫飯が日常食として普及するにともなって〈こわいい〉,略して〈おこわ〉,さらに〈こわめし〉というようになり,多くもち米を用いて物日(ものび)に食するようになった。祝事にはアズキを加えて赤飯とし,不祝儀には白ダイズを加えるか,もち米だけの白蒸(しらむ)しを用いた。なお,栃木県日光の輪王寺で今でも毎年4月2日に行われる強飯式は高盛り飯を強制するもので〈ごうはんしき〉と呼ぶ。…

※「白蒸(し)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone