白貂(しろてん)を抱く貴婦人

デジタル大辞泉プラスの解説

白貂(しろてん)を抱く貴婦人

イタリア、ルネサンスの芸術家・科学者レオナルド・ダ・ヴィンチの絵画(1485-90)。原題《Dama con l'ermellino》。ミラノ公ルドヴィコ・スフォルツァの寵愛を受けたチェチリア・ガッレラーニを描いた作品。クラクフ、チャルトリスキ美術館所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

デジタル大辞泉の解説

しろてんをだくきふじん【白貂を抱く貴婦人】

《原題、〈イタリア〉Dama con l'ermellinoレオナルド=ダ=ビンチの絵画。板に油彩。縦55センチ、横40センチ。モデルはミラノ公ルドビコ=スフォルツァの寵愛を受けたチェチリア=ガッレラーニとされる。クラクフ、チャルトリスキ美術館所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android