白銑(読み)ハクセン

大辞林 第三版の解説

はくせん【白銑】

銑鉄の一種。炭素はほとんど全部化合炭素(セメンタイト)として存在する。破断面は白色。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

はく‐せん【白銑】

〘名〙 銑鉄の一つ。組織に、セメンタイトが多く析出しているもの。おもに製鋼原料となる。破面が銀白色をしているところからいう。白鋳鉄。白銑鉄。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の白銑の言及

【鋳鉄・鋳鋼】より

…炭素は素地のパーライトセメンタイトの構成要素以外に遊離黒鉛として存在する。鋳鉄の組織は急冷するとセメンタイトが大量析出して,顕微鏡組織が白くなるので白銑と呼ばれる状態になるが,冷却速度が小さくなるとセメンタイトが黒鉛と鉄に分解して室温ではフェライトと黒鉛の状態となる。この状態では破面の明度が低下して灰色になるので,ねずみ鋳鉄という。…

【レーデブライト】より

…さらに冷却すると初晶オーステナイトおよびレーデブライト共晶中のオーステナイトはセメンタイトを析出しながら共析温度に達し,パーライトを生成する。常温では共晶セメンタイトとパーライトの混合組織となるが,このような組織を有する鋳鉄は破面が白いので白鋳鉄あるいは白銑と呼ばれる。鋼(はがね)【柴田 浩司】。…

※「白銑」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android