コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鼠銑 ネズミセン

デジタル大辞泉の解説

ねずみ‐せん【××銑】

破断面がねずみ色の銑鉄炭素黒鉛の状態で多量に含み、鋳造性にすぐれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

鼠銑【ねずみせん】

鼠鋳鉄とも。炭素が片状の黒鉛として遊離しているため,破面がねずみ色をしている銑鉄。結晶粒が大で軟弱であるが,鋳造に適している。白銑に比べケイ素含有量は高い。→球状黒鉛鋳鉄
→関連項目銑鉄

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ねずみせん【鼠銑】

炭素を黒鉛の状態で多量に含む銑鉄。破断面は鼠色を呈する。鋳物に用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

鼠銑の関連キーワード鋳物用銑破断面鋳物鼠色