コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白飛び シロトビ

デジタル大辞泉の解説

しろ‐とび【白飛び】

画像の表示・表現で、明るい部分の階調が失われ真っ白になっていること。暗い背景を背にした人の顔や白い衣服、または風景の白い雲などに生じやすい。一般に、デジタルカメラはフィルムカメラに比べ露光の寛容度(ラチチュード)が狭いため、白とびを回避するには露出補正が必要な場合がある。⇔黒潰れ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

白飛びの関連キーワード露出過度HDR飛ぶ

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

白飛びの関連情報