白香(読み)シラカ

デジタル大辞泉の解説

しら‐か【白香】

麻やコウゾの類を細かに裂いて白髪のようにして束ねたもの。神事に用いた。
「奥山のさかきの枝に―付け木綿(ゆふ)とり付けて」〈・三七九〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android