四手(読み)シデ

  • よつで
  • 四手 (シデ)
  • 四手/▽垂

デジタル大辞泉の解説

《動詞「し(垂)ず」の連用形から。「四手」は当て字
玉串(たまぐし)注連縄(しめなわ)などにつけて垂らす紙。古くは木綿(ゆう)を用いた。→〆の子
白熊(はぐま)の毛で作った払子(ほっす)に似たもの。の柄につけて槍印とする。
カバノキ科クマシデ属の落葉高木の総称。イヌシデアカシデクマシデなど。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 手が四つあること。また、そのもの。
※浮世草子・西鶴諸国はなし(1685)一「座中眠を覚してあたりを見れば、天井より四つ手の女」
② 相撲で、両者が互いに右差しまたは左差しになり組み合うこと。また、その手をいう。この場合、まわしを引く、引かないは関係しない。四つ身。四番(よつつがい)。よつ。
※史料編纂所本人天眼目抄(1471‐73)八「四つ手にむずとくうたる答話だぞ」
③ 立花、生け花などの語。どのようなものか未詳。
※浄瑠璃・聖徳太子絵伝記(1717)真の立花「四つ手月の輪釘かくし六花六葉四花四葉、是定りの花の法度」
④ 細布(さいみ)などの布を、X字形に組み、背に当てて、両肩・両脇より四隅を胸に集め、紐で括った汗取り。〔随筆・守貞漫稿(1837‐53)〕
⑤ 反物・袱紗(ふくさ)あるいは新調の着物などを包むのに用いる厚紙。表面に美しい彩色、模様が施してある。文庫紙。
※人情本・祝風呂時雨傘(1838)八回「いそいそとして包紙の四(ヨ)つ手(デ)を開き」
※俳諧・物種集(1678)「四つ手にあけて落す龝風 海老さこや目にはさやかに見えねども〈直補〉」
※洒落本・禁現大福帳(1755)五「兄分(ねんしゃ)の憐にて軽尻(からしり)の罾駕(ヨツデ)に取乗られ」
※連理秘抄(1349)「四手 余情などはなくて、確かに切り組みたる様なるべし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ブルーインパルス

航空自衛隊に所属し華麗なアクロバット飛行(展示飛行)を披露する専門チーム。現在のチームは3代目となり、正式名称は宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。チーム名の「青い衝撃」の意にちなん...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

四手の関連情報