コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

四手/垂 シデ

デジタル大辞泉の解説

しで【四手/垂】

動詞「し(垂)ず」の連用形から。「四手」は当て字
玉串(たまぐし)注連縄(しめなわ)などにつけて垂らす紙。古くは木綿(ゆう)を用いた。→〆の子
白熊(はぐま)の毛で作った払子(ほっす)に似たもの。槍の柄につけて槍印とする。
カバノキ科クマシデ属の落葉高木の総称。イヌシデアカシデクマシデなど。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

四手 (シデ)

植物。バラ科の落葉高木,園芸植物。ザイフリボクの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

四手/垂の関連キーワードサティ:梨の形をした3つの小品/1 piano 4 handsドビュッシー:古代のエピグラフ/1 piano 4 hands切り掛け・切り懸け・切掛け・切懸けシデシャジン(四手沙参)サルトロ・カンリ[山]シューベルト(年譜)ハンガリー狂詩曲ボヘミアの森からマ・メール・ロワ多賀町立博物館シデ(四手)会津寛延一揆金剛夜叉明王(御)玉串料スラヴ舞曲内水面漁業木綿四手の森の静けさ四手折敷木綿四手

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android