白骨の御文(読み)ハッコツノオフミ

精選版 日本国語大辞典の解説

はっこつ【白骨】 の 御文(おふみ)

室町時代、本願寺第八世蓮如(れんにょ)の作である、手紙風の法語。朝に紅顔をほこる身も、夕には白骨となる無常の世を観じて、早く、来世の極楽往生をたのむべきことを説いたもの。〔譬喩尽(1786)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる