白鳥処女伝説(読み)はくちょうしょじょでんせつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「白鳥処女伝説」の解説

白鳥処女伝説
はくちょうしょじょでんせつ

異類婚姻譚の一つ。天界から飛来した白鳥が,女人の姿となり,水辺の衣を脱いで水浴するうち,それを盗み見た男が羽の衣を隠す。そのため女人はもとの白鳥へ戻ることができず,やむをえずその男の妻となり,子をもうけるが,ある日,ふとしたことで男の隠した羽の衣を見つけ,再び白鳥となって天界へ去るというもの。伝承地によっては白鳥ではなく,ほかの鳥もしくはとなっている例もある。日本においては羽衣伝説にみられるとおり,天女の姿をとるものが一般的である。分布はアジア,ヨーロッパアラブ,北アメリカ,アフリカなど,広く世界諸民族にわたる。日本では『常陸国風土記』など多くの文献みえ,また『千一夜物語』や中国の『捜神記』など世界各地の文献にもみえるが,最古の例はインドの『リグ・ベーダ』に描かれたものとされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android