コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

白鳥清岑 しらとりの きよみね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

白鳥清岑 しらとりの-きよみね

?-? 平安時代前期の官吏。
承和(じょうわ)5年(838)遣唐使判官(ほうがん)の長峯高名(ながみねの-たかな)の従者として唐(とう)(中国)の長安にいたる。翌年,揚州で香薬をかおうとして役人の取り調べをうけたという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

白鳥清岑の関連キーワード官吏承和

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android