コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

香薬 こうやく

1件 の用語解説(香薬の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こうやく【香薬】

中国や明治前の日本などで,焚香(ふんこう)料,香辛料,薬物の総称。植物の樹脂からとれる沈香(じんこう),安息香,没薬(もつやく),乳香,材からとれる白檀(びやくだん),竜脳,皮や根からとれる肉桂,花からとれる丁香(クローブ),果実からとれる胡椒,肉荳蔲(にくずく)は,東南アジア,西南中国,インド東アフリカ西南アジアに産し,ほかにマッコウクジラの分泌物(竜涎(りゆうぜん)香),ジャコウジカジャコウネコの生殖腺分泌物もあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

香薬の関連キーワード山田文厚香料前項悲憤慷慨紛更奮興降真香敦煌石窟不動産銀行

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

香薬の関連情報