コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

香薬 こうやく

世界大百科事典 第2版の解説

こうやく【香薬】

中国や明治前の日本などで,焚香(ふんこう)料,香辛料,薬物の総称。植物の樹脂からとれる沈香(じんこう),安息香没薬(もつやく),乳香,材からとれる白檀(びやくだん),竜脳,皮や根からとれる肉桂,花からとれる丁香(クローブ),果実からとれる胡椒,肉荳蔲(にくずく)は,東南アジア,西南中国,インドや東アフリカ,西南アジアに産し,ほかにマッコウクジラの分泌物(竜涎(りゆうぜん)香),ジャコウジカジャコウネコの生殖腺分泌物もあった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

香薬の関連キーワード大神巳井メリッサカユプテ白鳥清岑新薬師寺歯磨き市舶司蘭奢待消化薬榷場互市

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android