百代草・百夜草(読み)ももよぐさ

精選版 日本国語大辞典の解説

[1] 植物の名。未詳。菊、露草、昔艾(むかしよもぎ)の異名など、諸説ある。《季・秋》
※万葉(8C後)二〇・四三二六「父母が殿のしりへの母々余具佐(モモヨグサ)百代いでませわが来たるまで」
[2] (百夜草) 長唄。上巻「菊の由来」は半井桃水、下巻「神田祭」は幸堂得知が作詞。四世吉住小三郎・三世杵屋六四郎作曲。明治四四年(一九一一)長唄研精会第一〇〇回記念曲として発表。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android