幸堂得知(読み)コウドウトクチ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

幸堂得知 こうどう-とくち

1843-1913 明治時代の小説家,演劇評論家。
天保(てんぽう)14年1月生まれ。銀行勤務のかたわら,「歌舞伎(かぶき)新報」に劇評を発表。明治24年東京朝日新聞社にはいり,小説を連載。「曾我対面」などの戯曲もかいた。大正2年3月22日死去。71歳。江戸出身。本名は鈴木利平。別号に劇神仙。小説に「大通(だいつう)世界」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうどうとくち【幸堂得知】

1843~1913) 劇評家。江戸生まれ。本名、鈴木利平。号は劇神仙。根岸派の文人で、戯文や脚本を書き、考証風の劇評を発表。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の幸堂得知の言及

【神田祭】より

…手踊,クドキ,投節,最後に木遣りで終わる。ほかに1911年10月,幸堂得知が長唄研精会のために作詞した長唄曲がある。【菊池 明】。…

※「幸堂得知」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android