コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幸堂得知 コウドウトクチ

デジタル大辞泉の解説

こうどう‐とくち〔カウダウ‐〕【幸堂得知】

[1843~1913]劇評家・小説家。江戸の生まれ。本名、鈴木利平。別号、劇神仙。銀行員を経て新聞社に入社し、劇評を発表。根岸派の文人としても知られる。小説「大通世界」。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

幸堂得知 こうどう-とくち

1843-1913 明治時代の小説家,演劇評論家。
天保(てんぽう)14年1月生まれ。銀行勤務のかたわら,「歌舞伎(かぶき)新報」に劇評を発表。明治24年東京朝日新聞社にはいり,小説を連載。「曾我対面」などの戯曲もかいた。大正2年3月22日死去。71歳。江戸出身。本名は鈴木利平。別号に劇神仙。小説に「大通(だいつう)世界」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

こうどうとくち【幸堂得知】

1843~1913) 劇評家。江戸生まれ。本名、鈴木利平。号は劇神仙。根岸派の文人で、戯文や脚本を書き、考証風の劇評を発表。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の幸堂得知の言及

【神田祭】より

…手踊,クドキ,投節,最後に木遣りで終わる。ほかに1911年10月,幸堂得知が長唄研精会のために作詞した長唄曲がある。【菊池 明】。…

※「幸堂得知」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

幸堂得知の関連キーワード神田祭(歌舞伎舞踊)明治時代葵の上神田祭戯文天保

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android