コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百川学海 ひゃくせんがっかいBo-chuan xue-hai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

百川学海
ひゃくせんがっかい
Bo-chuan xue-hai

中国,宋代の叢書。左圭の編。 177巻。咸淳9 (1273) 年成立。書画,詩文などについての随筆類を主として,百余種の書を収める。この書以前に『儒学警悟』という叢書があるが,『百川学海』のほうが有名となり,中国最初の叢書とされるようになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひゃくせんがっかい【百川学海 Bǎi chuān xué hǎi】

中国でもっとも早く作られた叢書。宋の左奎編。1273年(咸淳9)成る。おもに唐・宋人の随筆,詩話,芸術関係のものなど100種を集め,10集に分ける。書名は《法言》の〈百川海を学んで,海に至る〉にもとづく。明代には,原書に30種を増補した闕名編《重編百川学海》,原書にない漢代から元代までの著述100余種を収めた呉永編《続百川学海》,おもに明人の著述を収めた馮可賓編《広百川学海》などが作られた。【竺沙 雅章】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

百川学海の関連キーワード林泉高致集説郛

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android