コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百川学海 ひゃくせんがっかいBo-chuan xue-hai

2件 の用語解説(百川学海の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

百川学海
ひゃくせんがっかい
Bo-chuan xue-hai

中国,宋代の叢書。左圭の編。 177巻。咸淳9 (1273) 年成立。書画,詩文などについての随筆類を主として,百余種の書を収める。この書以前に『儒学警悟』という叢書があるが,『百川学海』のほうが有名となり,中国最初の叢書とされるようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひゃくせんがっかい【百川学海 Bǎi chuān xué hǎi】

中国でもっとも早く作られた叢書。宋の左奎編。1273年(咸淳9)成る。おもに唐・宋人の随筆,詩話,芸術関係のものなど100種を集め,10集に分ける。書名は《法言》の〈百川海を学んで,海に至る〉にもとづく。明代には,原書に30種を増補した闕名編《重編百川学海》,原書にない漢代から元代までの著述100余種を収めた呉永編《続百川学海》,おもに明人の著述を収めた馮可賓編《広百川学海》などが作られた。【竺沙 雅章】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

百川学海の関連キーワード民主党強姦被害者郵政総選挙二大政党制自由民主党再生エネルギー特別措置法案鬼怒川決壊(2015)佐賀商工共済訴訟での県の賠償額神島

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone