原書(読み)ゲンショ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 書写本、翻訳本、改作本などに対して、そのもとになる書物。原本。
※随筆・胆大小心録(1808)八「国史といへども原書はなかりしかば、さまざまと附会して云ふ事也」
② 外国の文字、特に欧文で書かれた書物。横文字で書かれた書物。洋書。
※新聞雑誌‐六号・明治四年(1871)七月「最初に教ゆべき書は皆和訳して授けんとの御趣意にて、原書(ゲンショ)已に和訳最中なりと云」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android