百舌鳥土師土徳(読み)もずのはじの つちとこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

百舌鳥土師土徳 もずのはじの-つちとこ

?-? 飛鳥(あすか)時代の官吏。
白雉(はくち)5年(654)孝徳天皇の死去に際し,南庭にもうけられた殯宮(もがりのみや)のことをつかさどった。このとき小山上(しょうせんじょう)の位にあった。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android