コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百貫 ヒャッカン

デジタル大辞泉の解説

ひゃっ‐かん〔ヒヤククワン〕【百貫】

[名]
1貫の100倍の重さ。また、非常に目方の重いこと。
銭1貫の100倍。また、非常に価値あるもののたとえ。
「男は裸が―」〈浮・五人女・一〉
[副]はるかに。ずっと。
「使ひつけた鋤(すき)と鍬(くは)、畠(はたけ)なぶりが―ましと」〈浄・源頼家源実朝鎌倉三代記

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひゃっかん【百貫】

( 名 )
一貫の100倍。一貫文の100倍。
価値のあるものをたとえていう語。 「男は裸が-、たとへてらしても世はわたる/浮世草子・五人女 1
( 副 )
はるかに。もっと。 「使ひつけた鋤すきと鍬くわ、畠なぶりが-ましと/浄瑠璃・花飾」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百貫の関連キーワード竹本筆太夫(3代)伸びる・延びる弓削[町]男は裸百貫アイ(藍)島根(県)石見銀山扱き入る浮世草子でやんす安東蓮聖所務分け大井荘弓削島取替え振回し弁天島死に様裸百貫浄瑠璃

百貫の関連情報