コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

百里奚 ヒャクリケイ

デジタル大辞泉の解説

ひゃくり‐けい【百里奚】

中国、春秋時代のの人。字(あざな)は井伯。楚に捕らえられていたとき、秦の穆公(ぼくこう)がその賢を聞き、羖羊(こよう)(黒い牡の羊)の皮5枚で買って宰相としたので、その恩にこたえて大いに活躍、穆公を春秋五覇の一人とした。五羖大夫(ごこたいふ)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひゃくりけい【百里奚】

中国、春秋時代の秦の名相。字あざなは井伯。虞の大夫であったが虞が晋に滅ぼされたときに秦へ送られ、のち逃げて楚に捕らえられた。秦の穆公ぼくこうはその賢を知り五枚の羖羊こよう(=黒羊)の皮であがなったといい、五羖大夫とよばれた。穆公を助けて秦を強国とした。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百里奚の関連キーワード秦の時代(年表)

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android