コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五覇 ごはWu-ba; Wu-pa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五覇
ごは
Wu-ba; Wu-pa

中国の春秋時代列国の指導者になった諸侯。この時代諸侯たちは権力のなくなった周王を表面上尊重しながらも,互いに盟約を結んで有力諸侯を盟主として,その指導下に政治的あるいは軍事的に団結した。その盟主の最も有力な者を覇者と呼んだが,五はその代表的盟主の総称。五は陰陽五行説からきており,桓公,晋の文公荘王,呉の闔閭 (こうりょ) ,勾践 (こうせん) の5人とされる。呉,越の代りに宋の襄公穆公を入れる説もあり,一定していないが,それは五覇という考えが戦国時代になってつくられたからである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ごは【五覇 Wǔ bà】

中国,春秋時代の5人の覇者。5人のうち,斉の桓公と晋の文公を除いた他の3人については,たとえば楚の荘王,呉王の闔閭(こうりよ),越王の句践(こうせん)とする説,秦の穆公(ぼくこう),楚の荘王,呉王の闔閭とする説,秦の穆公,宋の襄公,楚の荘王とする説などがあって,必ずしも一定していない。ただ5人という数は,のちの戦国時代の五行説にもとづいてつくられたものであり,実際には5人に限定する必要はない。斉の桓公や晋の文公ら春秋前半期の覇者をみると,彼らは諸侯を連合してその盟主となり,勢力の衰えた東周王朝をたすけて蛮夷の侵入を退け,周の封建制度の秩序維持にあたった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ごは【五覇】

中国、春秋時代の五人の覇者。斉の桓公かんこう・晋しんの文公・楚の荘王・呉王闔閭こうりよ・越えつ王勾践こうせんの総称。呉・越を除いて秦の穆公ぼくこう・宋の襄公じようこうを加えたり、楚の荘王を呉王夫差ふさに代えていうこともある。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

五覇
ごは

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

五覇の関連キーワード呉[春秋時代]荘王[楚]文公[晋]桓公[斉]臨淄古城址百里奚中国史管仲会盟夫差国語范蠡

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android