コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穆公 ぼくこうMu-gong; Mu-kung

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

穆公
ぼくこう
Mu-gong; Mu-kung

[生]?
[没]穆公39(前621)
中国,春秋時代君主 (在位前 659~621) 。繆公とも書く。名は任好。父は徳公。秦は中原諸国から夷狄 (いてき) 視されていたが,兄2人の跡を継いで即位すると,他国人の百里けいや蹇叔 (けんしゅく) ら賢人を任用し,国力を高めた。対外政策としての恵公,次に文公を擁立して威を張ったが,晋の襄公のためこうの戦いで敗北。しかし穆公 36 (前 624) 年には再び晋を攻撃して大勝する一方,戎人の由余 (ゆうよ) を用いて西方に領土を拡大し,春秋時代秦の第1の賢君として五覇の一人に数えられた。公の死後,多くの家臣が殉死したという。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ぼくこう【穆公】

?~前621) 中国、春秋時代の秦の君主(在位 前660~前621)。百里奚ら賢人を用いて国政を整え、晋を討ち、さらに西戎(チベット)の覇者となった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の穆公の言及

【秦】より

…なお首都はその後,涇陽(けいよう)(陝西省涇陽県),櫟陽(れきよう)(陝西省臨潼県付近)と移り,最終的には前350年(孝公12)に咸陽を都と定め,これが秦滅亡まで首都となる。 春秋時代における秦は,他の中原の諸侯国に比べて後進国に属していたが,それが飛躍的に発展拡大したのが9代目の君主穆(ぼく)公(前659‐前621)のときである。穆公は百里奚(ひやくりけい),蹇叔(けんしゆく)などの賢臣を任用して国政を整えるとともに,東方では晋の内乱に乗じて河西の地を奪い,領土は黄河沿岸に達した。…

※「穆公」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

穆公の関連キーワード文公[晋]春秋五覇チベット百里奚詠史詩書経子産四君子思

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android