コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

穆公 ぼくこうMu-gong; Mu-kung

3件 の用語解説(穆公の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

穆公
ぼくこう
Mu-gong; Mu-kung

[生]?
[没]穆公39(前621)
中国,春秋時代の秦の君主 (在位前 659~621) 。繆公とも書く。名は任好。父は徳公。秦は中原諸国から夷狄 (いてき) 視されていたが,兄2人の跡を継いで即位すると,他国人の百里けいや蹇叔 (けんしゅく) ら賢人を任用し,国力を高めた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぼく‐こう【穆公】

中国、春秋時代の王。在位、前659~前621。春秋五覇の一人。百里奚(ひゃくりけい)らの賢臣を集めて国政を整え、富国強兵に努め、西戎を討って領土を拡大、覇者となった。生没年未詳。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ぼくこう【穆公】

?~前621) 中国、春秋時代の秦の君主(在位 前660~前621)。百里奚ら賢人を用いて国政を整え、晋を討ち、さらに西戎(チベット)の覇者となった。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の穆公の言及

【秦】より

…なお首都はその後,涇陽(けいよう)(陝西省涇陽県),櫟陽(れきよう)(陝西省臨潼県付近)と移り,最終的には前350年(孝公12)に咸陽を都と定め,これが秦滅亡まで首都となる。 春秋時代における秦は,他の中原の諸侯国に比べて後進国に属していたが,それが飛躍的に発展拡大したのが9代目の君主穆(ぼく)公(前659‐前621)のときである。穆公は百里奚(ひやくりけい),蹇叔(けんしゆく)などの賢臣を任用して国政を整えるとともに,東方では晋の内乱に乗じて河西の地を奪い,領土は黄河沿岸に達した。…

※「穆公」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

穆公の関連キーワード穆公アダムズ方式台風15号豪雨災害イスラム圏からの観光客開元通宝千葉穆公開元通宝岐阜[県]千葉[県]

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone