皆脚類(読み)かいきゃくるい

精選版 日本国語大辞典の解説

かいきゃく‐るい【皆脚類】

〘名〙 節足動物の綱の一つ。形はクモに似て、四対の歩脚は長く、三五センチメートルにも達するものもある。体は頭、胸、腹の三部に分かれ、腹部はきわめて小さい。世界の海洋に分布。ウミグモ、イトウミグモなどの目(もく)に分けられる。うみぐも類。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の皆脚類の言及

【ウミグモ(海蜘蛛)】より

…胸部は4節に分かれ,それぞれ長い1対ずつの歩脚をそなえる。歩脚は胴部に比べて非常に大きく,一見,体がみんな脚のように見えるので皆脚(かいきやく)類Pantopodaとも呼ばれる。腹部は分節せず,小さく棒状,末端に肛門が開く。…

※「皆脚類」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android