コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海蜘蛛 ウミグモ

デジタル大辞泉の解説

うみ‐ぐも【海蜘蛛】

ウミグモ綱に属する節足動物総称。海岸から深海まで分布。体長2ミリほどのものから、脚の長さ80センチのものまであり、外形クモに似るが、頭・胸・腹部に分かれる。極端に長い四対の歩行肢、卵を保護する一対の担卵肢をもち、全体が歩脚だけのように見えるので皆脚類ともいう。イソウミグモ・オオウミグモ・イトユメムシなど。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うみぐも【海蜘蛛】

ウミグモ綱の海産節足動物の総称。体は頭・胸・腹の三部に分かれ、胸部から四対の極端に細長い脚がでる。腹部はきわめて小さい。浅海から深海まで広く分布。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

海蜘蛛 (ウミグモ)

動物。ウミグモ綱の海産動物の総称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

海蜘蛛の関連キーワード動物三部胸部浅海

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android