皇侃(読み)オウガン

大辞林 第三版の解説

おうがん【皇侃】

488~545) 中国、南北朝時代の梁りようの学者。「五経」に通達。主著「論語義疏」一〇巻は南宋代に逸書となったが、日本に伝存した写本が中国に逆輸入された。こうかん。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の皇侃の言及

【論語義疏】より

…中国,梁の皇侃(おうがん)(488‐545)が著した《論語》の注釈書。10巻。…

※「皇侃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android