コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皇籍離脱 コウセキリダツ

デジタル大辞泉の解説

こうせき‐りだつ〔クワウセキ‐〕【皇籍離脱】

皇族がその身分を離れて一般国民となること。皇族の女性(内親王)が一般の国民である男性と結婚して、皇族の身分を離れることなど。一般の戸籍を作り、一般国民の権利を持つ。賜姓降下。旧憲法下では臣籍降下といった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

皇籍離脱の関連キーワード東久邇稔彦・東久迩稔彦三笠宮寛仁親王梨本 伊都子皇室経済会議東久邇稔彦東久邇盛厚伏見宮家皇室会議朝香鳩彦黒田清子伏見宮閑院宮竹田宮宮家

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

皇籍離脱の関連情報