コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臣籍降下 シンセキコウカ

3件 の用語解説(臣籍降下の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しんせき‐こうか〔‐カウカ〕【臣籍降下】

明治憲法下で、皇族がその身分を失って臣籍に入ること。賜姓・他家相続・婚嫁・権利剥奪・婚姻解消などによる降下があった。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

臣籍降下【しんせきこうか】

旧憲法(大日本帝国憲法)時代の用語で,皇族がその身分を離れて臣民(一般国民)の身分となること。15歳以上の皇族は天皇の勅旨または本人の請願により,家名を与えられ華族に列せられた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

しんせきこうか【臣籍降下】

旧憲法下、皇族がその身分を離れて臣籍に入ること。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の臣籍降下の言及

【皇族】より

…成年の皇族男子は原則として陸海軍の武官に任ぜられ,また貴族院議員の資格をもち,さらに親王は枢密院の会議に列した。この典範では永世皇族主義をとっていたので皇族が増えすぎるため,1907年皇室典範増補により,王は新たに家をおこして華族となったり,華族の養子となることができるよう改め,臣籍降下の道をひらいた。その後敗戦まで天皇の神格化が意識的にすすめられるにしたがい,皇族に対する処遇も権威主義的・事大主義的傾向を強めた。…

※「臣籍降下」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

臣籍降下の関連情報