コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皇荘 こうそう Huáng zhuāng

1件 の用語解説(皇荘の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

こうそう【皇荘 Huáng zhuāng】

中国,明代において,皇帝,皇太子,在京諸王,皇太后などの皇族が私的に領有した土地をいう。地方で藩王となった諸王や外戚の荘田と区別して,とくに皇荘と呼んだ。官田の一種ではあるが国家財政の主要な収入源である一般の官田とはまったく性格を異にする。この名称がはじめて史上に現れるのは,1464年(天順8)宦官曹吉祥からの没収地を皇后の荘田としたときであるが,皇室の私的領有地は古く漢代より見られ,明代皇荘の実質的起源も,すでに1425年(洪熙1),宣宗が母張太后のために仁寿宮荘を設けたときにはじまる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内の皇荘の言及

【荘園】より

… なお王室に直属する荘園は,唐代ではとくに内荘宅使という官を置いて管理していた。宋代にはそうしたものは姿を消したが,明・清時代になると諸王や勲戚の荘田や皇荘が再び現れる。とくに皇荘は北直隷に集中し,清代になると盛京,山西,直隷などに内務府官荘が多く設けられた。…

※「皇荘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

皇荘の関連キーワード皇太子春宮北曲立太子行啓皇太子妃青宮殿下春の宮徳仁皇太子

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone