官田(読み)かんでん

日本大百科全書(ニッポニカ)「官田」の解説

官田
かんでん

(1)律令(りつりょう)制下における天皇供御田(くでん)。大宝(たいほう)令では屯田(みた)といい、大化前代大和六県(やまとのむつのあがた)や屯田(屯倉(みやけ))に系譜的につながる。合計100町で、大和、摂津河内(かわち)、山背(やましろ)の諸国に散在した。宮内省が管理し、同省所管諸司の雑任(ぞうにん)(伴部(ともべ)、使部(つかいべ)など)が1年交代で田使(でんし)として派遣され、その経営にあたった。2町ごとに耕牛1頭をあて、耕営の方式は、国司を通じて徴発した雑徭(ぞうよう)を用い、営種料を除いた全収穫物を収納するという直接経営であった。

(2)879年(元慶3)、支給困難に陥った官人の俸禄(ほうろく)の財源にあてるために、五畿内(ごきない)諸国の良田4000町を割きとって設定したもの。直営方式と土地を貸して代価を得る賃租(ちんそ)経営方式とを併用した。その後、元慶(がんぎょう)官田の大部分は諸司田化し、官衙(かんが)領を形成した。

[村山光一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「官田」の解説

かん‐でん クヮン‥【官田】

〘名〙
① 令制で、天皇への供御(くご)料を生産する田。五畿内諸国にあり、宮内省あるいは国司が経営した。御宅(みやけだ)。〔令義解(718)〕
② 元慶三年(八七九)に設置された国有田。五畿内の田四千町を割いてこれとし、その収穫するところの公用に供し、位祿などにあてようとした。
※三代格‐一五・元慶五年(881)二月八日「以前官田、〈〉割置五畿内諸国国有数」
[語誌]①は、本来「大宝令」では「屯田」といい、屯司によって管理された。「養老令」では「官田」と改称され、宮内省から派遣された田司によって管理された。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「官田」の解説

官田【かんでん】

古代における官有の耕地。日本では古くからの皇室料地が律令時代に官田と呼ばれ,畿内に100町歩を設定,宮内省が一般人民の徭役(ようえき)労働で直営した。879年皇族・貴族の収入に当てるため4000町歩を設定,徭役労働および小作によって経営した。これを元慶(がんぎょう)官田という。官田・元慶官田ともに,その後一部は官庁の諸経費のための諸司田に転化しつつ中世に消滅した。
→関連項目公営田皇室領

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

旺文社日本史事典 三訂版「官田」の解説

官田
かんでん

①律令制下,天皇の供御田 (くごでん)
②平安前期,畿内に置かれた政府直営田
大化以前の屯田 (みた) の系統。宮内省管轄の直営田で,耕作には農民の雑徭をあてた。大和・摂津・河内・山城に計100町歩あった。
879年位禄季禄にあてるため,4000町歩を設定した。

出典 旺文社日本史事典 三訂版旺文社日本史事典 三訂版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「官田」の解説

官田
かんでん

令制による宮内省の直営田。当初天皇の供御田として畿内に 100町あったが,元慶3 (879) 年には,位禄季禄などの公用にあてるため畿内に 4000町を設定した。 (→供御 )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「官田」の解説

かん‐でん〔クワン‐〕【官田】

律令制下、畿内にあって皇室用の供御くごおよび宮中の経費に充てられた田。
位禄などの公用に充てるため、畿内に設定した田地

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「官田」の解説

かんでん【官田】


[日本]
 古代において官に属する田をいい,2種類ある。(1)養老令制で,畿内4国に設置された天皇供御(くご)の食料田。大化前代の屯田(みた),御宅(みやけ)等の系譜を引くもので,大宝令では屯田というが,三宅田(《延喜式》)とも称された。大和,摂津,河内,山背国に設置された,宮内省が管理する総計100町の水田で,宮内省所管諸司の伴部,使部等が田司(大宝令は屯司)として派遣されて経営にあたり,班田農民の雑徭によって耕作された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の官田の言及

【御稲田】より

…宮内省大炊寮の所管する供御(くご)田。大宝令では,〈供御造食料田〉を屯田(みた)と名づけて畿内に分置し,宮内省より屯司を差遣して営造に当たらせると定めたが,養老令では,官田・田司と改称し,大和・摂津両国に各30町,河内・山背両国に各20町,計100町の官田を置くと定めた。ついで平安遷都後,《延喜式》の制では,山城20町,大和16町,河内18町,和泉2町,摂津30町,計86町の官田を配置し,それを国営田46町と省営田40町に分けて,天皇の供御および中宮・東宮の年料の稲・粟・糯は宮内省営田の収穫をもって充てることとした。…

【屯田】より

…しかし管理人を派遣する方式は新しいもので,垂仁~仁徳天皇当時のものとすることはできない。この〈倭の屯田〉をはじめ畿内地方にあった〈屯田〉の後身が大宝令制下の屯田(養老令では官田)と考えられる。これは天皇の供御稲をつくる田で,養老令では,大和・摂津各30町,河内・山背各20町の計100町であった。…

※「官田」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android