コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皮下気腫 ヒカキシュ

デジタル大辞泉の解説

ひか‐きしゅ【皮下気腫】

主に外傷が原因で皮下組織内に空気が入り、柔らかく弾性のある腫瘤(しゅりゅう)となった状態。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ひかきしゅ【皮下気腫 subcutaneous emphysema】

空気が皮下組織に異常に侵入し貯留した状態をいう。肺,気管,気管支,食道の損傷,縦隔気腫,あるいは肺損傷を伴う肋骨骨折などによって,空気が肋間をつきぬけて,皮下に漏れることによって起こる。発生部は腫張し,圧迫すると痛みがあり,触診すると捻髪音(ブチブチという感じ)を感ずる。進行性でない軽度の皮下気腫の場合は安静のみで治癒するが,進行性のものでは,原因の除去が必要であるとともに,進行を止めるため,皮膚切開を行い,圧迫したり誘導して貯留空気を体外に排出する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

皮下気腫の関連キーワード血胸/気胸/血気胸縦隔気腫/縦隔血腫皮下気腫/縦隔気腫縦隔炎

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android