コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皮膚紋 ひふもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

皮膚紋
ひふもん

指,手のひら,足指,足の裏にみられる皮膚隆線がつくる紋理。霊長類に広く見られるが,ヒトの皮膚紋が最も複雑である。尾で木の枝につかまる南アメリカ産のクモザルオマキザルの類では,尾の内側にも皮膚紋がある。一般に皮膚紋のある部分は触覚が発達しており,また物を握る際などに滑り止めの働きをする。紋は胎生3~4ヵ月で形成され,その形態は一生不変である。個人識別に利用される指紋は手の指頭の掌側面にみられる皮膚紋で,形態から弓状紋,蹄状紋,渦状紋に大別される。掌紋は手のひらの皮膚紋で,母指基部母指球紋,小指の基部の小指球紋,各指のつけ根の部分の指間紋などがみられる。足指紋,足の裏の紋理も手の紋理と似た形を示す。いずれも遺伝形質であるが,遺伝様式は明らかでない。ある種の先天性異常では正常人と異なった紋理がみられることがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

皮膚紋の関連キーワードダウン症候群橈側蹄状紋皮膚描画症生体観察足紋

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android