皿回し(読み)サラマワシ

大辞林 第三版の解説

さらまわし【皿回し】

曲芸の一。棒・箸はし・煙管キセル・指などの先で皿を回す曲芸。また、それをする人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

皿回し
さらまわし

器物を用いる曲芸の一種で、皿や茶碗(ちゃわん)、丼鉢(どんぶりばち)などを木の細い竿(さお)やきせるなどで頭上高く回すもの。奈良時代に中国から伝来した散楽雑伎(さんがくざつぎ)の一種といわれる。1616年(元和2)刊の『このころ草』にすでにその芸人がみえ、1690年(元禄3)刊の『人倫訓蒙図彙(じんりんきんもうずい)』では締太鼓(しめだいこ)を伴奏に鼻の上に竿を立てて皿を回す芸人が描かれている。明治に入ると、柳(やなぎ)派の一柳(いちりゅう)という芸人が寄席(よせ)芸のなかに取り入れ、今日に伝わっている。中国などでも古くから発達し、曲芸団の演目となっている。[織田紘二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

皿回しの関連情報