コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

皿回し サラマワシ

大辞林 第三版の解説

さらまわし【皿回し】

曲芸の一。棒・箸はし・煙管キセル・指などの先で皿を回す曲芸。また、それをする人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

皿回し
さらまわし

器物を用いる曲芸の一種で、皿や茶碗(ちゃわん)、丼鉢(どんぶりばち)などを木の細い竿(さお)やきせるなどで頭上高く回すもの。奈良時代に中国から伝来した散楽雑伎(さんがくざつぎ)の一種といわれる。1616年(元和2)刊の『このころ草』にすでにその芸人がみえ、1690年(元禄3)刊の『人倫訓蒙図彙(じんりんきんもうずい)』では締太鼓(しめだいこ)を伴奏に鼻の上に竿を立てて皿を回す芸人が描かれている。明治に入ると、柳(やなぎ)派の一柳(いちりゅう)という芸人が寄席(よせ)芸のなかに取り入れ、今日に伝わっている。中国などでも古くから発達し、曲芸団の演目となっている。[織田紘二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

皿回しの関連キーワードプレートスピニング叶家 勝二プレートカサノリ杉山裕右滝ありさ山口陽萌榛葉梨奈朝鮮演劇大東両芝崎昇キセル奇術百戯

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

皿回しの関連情報