盆点・盆立(読み)ぼんだて

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 茶道で、茶入が拝領物や名物である時に、それを盆に載せて扱う点前。伝授物の一つ。
※草人木(1626)上「同輩の客に盆(ほん)たてなどの時は、茶たてすむ迄いはさる事もあり、それは世にかくれなき名物の事也」
② 略式の点茶の一つ。棗(なつめ)、茶碗を盆に載せて鉄瓶の湯で茶を点てる。略盆。
※俳諧・毛吹草(1638)六「摂待はうら盆立の茶の湯哉〈重供〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android