コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茶入 ちゃいれ

3件 の用語解説(茶入の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

茶入【ちゃいれ】

茶の湯で抹茶を入れる容器。濃茶(こいちゃ)用は濃茶入,薄茶用は薄茶器または薄器などと略称される。(なつめ)は薄器の代表的なもの。また濃茶入は陶器,薄茶器は漆器が原則とされる。
→関連項目台子

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ちゃいれ【茶入】

茶の湯で抹茶を入れる容器。濃茶(こいちや)を入れる容器は濃茶入,薄茶の場合は薄茶器と称している。さらにこれをつづめて茶入,薄器と略称し,薄器の代表的なものが(なつめ)である。濃茶と薄茶は抹茶の調法の違いであると同時に,濃茶の点前(てまえ)は儀式的であり,薄茶は濃茶のあとにくつろいで喫する簡略なものといえる。濃茶入は陶器,薄茶器は漆器であるのが原則である。 陶製の濃茶入は,中国から舶載された。例えば,道元が持ち帰り生家の久我家に贈ったとされる〈久我肩衝(かたつき)〉は,茶入の渡来経過を伝えるとともに,貴重視され,ひいてはその由来が茶入の由緒として語り継がれるという,きわめて日本的な状況をつくり出すし,その物語性が茶の湯の一つの側面を担うというあり方である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

茶入
ちゃいれ

抹茶(まっちゃ)を入れる器の総称であるが、一般的には濃茶(こいちゃ)用の抹茶を入れる陶製の茶器の総名。通常は象牙(ぞうげ)の蓋(ふた)と、金襴(きんらん)、緞子(どんす)、間道(かんどう)などの古裂(こぎれ)でできた仕服(しふく)といわれる袋が添えられ、シタン、コクタン、タガヤサンの材、あるいは塗り物の容器でつくった挽家(ひきや)に納められ、さらに箱に入れて保管するようになっている。大きさとしては、だいたい4.5センチメートルから12.3センチメートルほどの高さに、5センチメートルから7センチメートルほどの胴径をもつのが普通である。[筒井紘一]

唐物茶入

産地によって唐物(からもの)(中国産)、和物(日本産)、島物(しまもの)(東南アジア産)に分けられるが、とりわけ唐物がもっとも珍重されてきた。唐物は漢作(かんさく)唐物と唐物に分けられ、宋(そう)から明(みん)代に焼かれたものが伝えられている。漢作は細かくて滑らかな土で薄作りした上に褐色釉(ゆう)がかけられており、手持ちの軽いのを特色としている。茶入が初めて渡来した時期は不明であるが、伝承によれば、臨済禅を伝えた栄西(えいさい)が1191年(建久2)宋から帰朝したとき、茶の種子を入れた茶入を持ち帰り、明恵上人(みょうえしょうにん)に贈ったのが柿漢蔕(かきのあやのへた)茶入であったといわれ、久我肩衝(こがかたつき)銘のある茶入は道元(どうげん)禅師が1227年(安貞1)に宋から帰国する際に持ち帰ったといわれている。中国においては、もともと膏薬壺(こうやくつぼ)、香料壺、薬種壺などの雑器として製作されたものであったが、貴重視されるようになったのは、日本の茶の湯芸術の鑑識のなかで取り上げられてからである。その早い例が東山時代の『君台観左右帳記(くんだいかんそうちょうき)』であった。足利義政(あしかがよしまさ)による唐物数寄(すき)の高揚とともに唐絵(からえ)が多く取り上げられたのと同時に、「抹茶(すりちゃ)壺事」として、茄子(なす)、ろてい(驢蹄)、大肩衝(おおかたつき)、小肩衝、大海(たいかい)、丸壺、弦(つる)壺、驢蹄口の水指(みずさし)、手甕(てがめ)、餌畚(えふご)、飯銅(はんどう)、瓢箪(ひょうたん)、擂茶(らいざ)、樽形(そんなり)、西施(せいし)、湯桶(ゆとう)、常陸帯(ひたちおび)、棗(なつめ)、鶴頸(つるくび)の19種の図が描かれている。しかし当時の呼称は抹茶壺であって、茶入の名称が生まれたのは、時代が下ってからのことである。茶入の名は初め塗り物の茶器などに使われており、『松屋会記』の1544年(天文13)に「クリクリノ薬籠(やくろう)茶入」「金輪寺入」と書かれている。そして、肩衝、茄子などの形状による呼び名や、新田(にった)、初花(はつはな)などの銘による呼称であった唐製の茶器に茶入の名が使われたのは、『天王寺屋会記』の1549年(天文18)正月9日の「しりふくらの茶入」が初めであった。[筒井紘一]

茶入の窯分

唐物一辺倒であった初期茶道の世界に、和物の茶入が使われるようになったのは、桃山時代から江戸時代にかけてのことである。和物の茶入としては、鎌倉時代に開窯されたとされる瀬戸窯(がま)が唐物茶入の写しをつくり始め、わび茶の湯が大成されるに応じて盛んに焼成されるようになってくる。その窯分(かまわけ)としては、瓶子窯(へいしがま)(古瀬戸、春慶(しゅんけい))、真中古(まちゅうこ)、金華山、破風窯(はふがま)、後窯(あとがま)の区別がある。瓶子窯は元祖藤四郎と春慶の作になる茶入で、古瀬戸と称されているのがこの手である。真中古は2代藤四郎の作で、橋姫手、野田手、小川手などの茶入、金華山(中古物)は3代藤次郎の作で、飛鳥川(あすかがわ)手、広沢手などの作品がある。破風窯(中古物)は4代藤四郎の作で、翁手、渋紙手、玉川手などの作品がある。後窯は利休(りきゅう)・織部・遠州の時代に瀬戸や京物で焼かれた茶入で、宗伯(そうはく)、正意(しょうい)、茶臼屋(ちゃうすや)、万右衛門(まんえもん)、新兵衛(しんべえ)、吉兵衛、茂右衛門(もえもん)などの作者のものがこれに属する。桃山時代になると瀬戸以外の各地においても茶入が焼成されるようになり、国焼(くにやき)といわれている。唐津(からつ)(佐賀県)、高取(たかとり)(福岡県)、備前(びぜん)(岡山県)、薩摩(さつま)(鹿児島県)、丹波(たんば)(兵庫県)、伊賀(いが)(三重県)、信楽(しがらき)(滋賀県)、御室(おむろ)(京都府)、上野(あがの)(福岡県)、膳所(ぜぜ)(滋賀県)、志戸呂(しとろ)(静岡県)などの窯である。[筒井紘一]

名物茶入の分類

古来、著名な茶入に位をつけて、大名物(おおめいぶつ)、中興(ちゅうこう)名物、名物の名が冠されてきた。松平不昧(ふまい)は『古今名物類聚(ここんめいぶつるいじゅう)』で、中興名物茶入、大名物茶入、後窯国焼と分類し、『雲州(うんしゅう)名物帳』(雲州蔵帳)で、宝物、大名物、中興名物、名物並、名物上の5部に格づけされて、この呼称は定着した。大名物とは東山御物(ひがしやまぎょぶつ)やこれに準ずる名物のことで、漢作唐物茶入と古瀬戸をさす。中興名物とは小堀遠州時代に大名物に次ぐものとして選定されたもので、元来は唐物茶入の一部、古瀬戸の一部、真中古以後の瀬戸茶入の格づけであったが、のちには他の道具にまで及んでいる。名物とは、利休時代から著名ではあったが、いずれにも属さないものを称している。こうした名物茶入のなかで現存するもののほとんどを収めたのが、高橋箒庵(そうあん)の『大正名器鑑(かん)』(1921)である。[筒井紘一]

茶入の見どころ

茶入は、全体の形姿と釉薬の調子、さらに口、肩、胴、腰、糸切(いときり)の5か所をとって見どころとし、そのいずれもが整っているものを最上とする。口造(くちづくり)はその捻(ひね)り返しの状態、肩は撫肩(なでがた)、丸肩、段肩などの肩のつき方、胴は胴紐(どうひも)のつけ方、腰は釉際(くすりぎわ)の状態、糸切は底面の畳付(たたみつき)、盆付(ぼんつき)のろくろ目の跡を鑑賞することになっている。糸切は左回りが唐物、右回りが和物であると定説されているが一概には決定できない。ともあれ、茶席の眼目の一つとして茶入は鑑賞されている。[筒井紘一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の茶入の言及

【国焼】より

…字義は国産の焼物のことだが,現代の用語法では中国・朝鮮の陶磁に対する日本の焼物を指す場合と,とくに茶入において瀬戸焼以外の諸地方の茶入窯を指す場合とがある。本来は茶入に使われた言葉であった。…

【中興名物】より

…中興名物は小堀遠州の美意識によって選ばれた名品といえるが,その呼称は松平不昧(松平治郷(はるさと))の《古今名物類聚》に初見される。茶入でいえば,唐物・古瀬戸より後の,瀬戸窯や国焼(くにやき)の中から選ばれ,また大名物(おおめいぶつ)からもれた品も美の基準の問題として入ってくる。その典拠は,《遠州蔵帳》《八幡名物》《土屋蔵帳》《千家名物》《雲州蔵帳》などである。…

※「茶入」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

茶入の関連キーワード濃茶茶入れ茶の湯抹茶薄茶点前濃茶茶碗濃茶点前タバコ入れ茶茶を入れるわたし

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

茶入の関連情報