コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

益田勤斎 ますだ きんさい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

益田勤斎 ますだ-きんさい

1764-1833 江戸時代後期の篆刻(てんこく)家。
明和元年生まれ。江戸下谷(したや)にすみ,文化-文政のころ文人墨客の印を数おおく刻した。天保(てんぽう)4年5月23日死去。70歳。名は。字(あざな)は万頃。通称は重蔵。別号に雲遠,浄碧。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

益田勤斎

没年:天保4.5.23(1833.7.10)
生年:明和1(1764)
江戸中期の篆刻家。名は濤,字は万頃,通称は重蔵。勤斎,雲遠,浄碧などと号す。江戸の人。書画・古器物の鑑識に詳しく,詩書をよくし,特に篆刻に優れた。清代初期の『飛鴻堂印譜』(1752)の風を受けた精緻で優美な作風によって一派を成し,浄碧居派と称され,養子の遇所,その子香遠,香遠の甥の香雪と4代にわたって家風を守り,浜村蔵六代々の蔵六居派と共に江戸の篆刻界の二大流派を形成した。勤斎の印譜に『勤斎印存』があり,香雪におよぶ4代の印を集めたものに『浄碧居集印』がある。

(北川博邦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

益田勤斎の関連キーワード曾根翔卿穂積尼橋益田遇所

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android