コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

益田雎軒 ますだ すいけん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

益田雎軒 ますだ-すいけん

1732-1798 江戸時代中期の商人。
享保(きょうほう)17年生まれ。堺の惣年寄(そうどしより)役,糸年寄役。画を熊代熊斐(くましろ-ゆうひ),書を趙陶斎(ちょう-とうさい)にまなぶ。陶斎を別宅にむかえて後援した。寛政10年10月18日死去。67歳。名は豊卿。字(あざな)は孟文。通称は具足屋次兵衛。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

益田雎軒の関連キーワードヘルウェティア共和国山科別院筒井村作兵衛若林強斎ワシントン山科別院山科本願寺安島直円佐々木松後四方竜文(初代)

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android