コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊代熊斐 くましろ ゆうひ

3件 の用語解説(熊代熊斐の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

熊代熊斐

江戸中期の画家。長崎生。号は繍江、字は贍、通称は甚右衛門。熊斐は漢名。初め渡辺秀石に、のち沈南蘋に画を学び、江戸時代の南宋画の先駆者である。門人に宋紫石・鶴亭・森蘭斎等がいる。安永元年(1772)歿、59才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

熊代熊斐 くましろ-ゆうひ

1693-1773* 江戸時代中期の画家。
元禄(げんろく)6年生まれ。肥前(ひぜん)長崎の人。唐(とう)通事の神代(くましろ)家の養子。享保(きょうほう)16年来日した清(しん)(中国)の沈南蘋(しん-なんぴん)にまなび,南蘋流写生花鳥画の先駆けとなる。姓名を熊代斐にあらため,中国風にちぢめ熊斐と称した。安永元年12月28日死去。80歳。字(あざな)は淇瞻(きせん)。号は繍江(しゅうこう)。作品に「三千歳図」「浪(なみ)に鵜(う)図」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熊代熊斐
くましろゆうひ

熊斐」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の熊代熊斐の言及

【長崎派】より

…(3)南蘋(なんぴん)派は,1731年(享保16)に渡来した沈銓(しんせん)(南蘋)にはじまる。精緻な花鳥画の画風は南蘋に直接師事した熊代熊斐(ゆうひ)(1693‐1772)の門下の鶴亭(?‐1785),宋紫石(1716‐80)により近畿や関東に伝わり,江戸後期の画壇に写実主義の風潮がひろまる契機となった。(4)南宗画(文人画)派も伊孚九(いふきゆう),費漢源,江稼圃(こうかほ)らの来日中国画人に負うところが多い。…

※「熊代熊斐」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone