コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊代熊斐 くましろ ゆうひ

3件 の用語解説(熊代熊斐の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

熊代熊斐

江戸中期の画家。長崎生。号は繍江、字は贍、通称は甚右衛門。熊斐は漢名。初め渡辺秀石に、のち沈南蘋に画を学び、江戸時代の南宋画の先駆者である。門人に宋紫石・鶴亭・森蘭斎等がいる。安永元年(1772)歿、59才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

熊代熊斐 くましろ-ゆうひ

1693-1773* 江戸時代中期の画家。
元禄(げんろく)6年生まれ。肥前(ひぜん)長崎の人。唐(とう)通事の神代(くましろ)家の養子。享保(きょうほう)16年来日した清(しん)(中国)の沈南蘋(しん-なんぴん)にまなび,南蘋流写生花鳥画の先駆けとなる。姓名を熊代斐にあらため,中国風にちぢめ熊斐と称した。安永元年12月28日死去。80歳。字(あざな)は淇瞻(きせん)。号は繍江(しゅうこう)。作品に「三千歳図」「浪(なみ)に鵜(う)図」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

熊代熊斐
くましろゆうひ

熊斐」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の熊代熊斐の言及

【長崎派】より

…(3)南蘋(なんぴん)派は,1731年(享保16)に渡来した沈銓(しんせん)(南蘋)にはじまる。精緻な花鳥画の画風は南蘋に直接師事した熊代熊斐(ゆうひ)(1693‐1772)の門下の鶴亭(?‐1785),宋紫石(1716‐80)により近畿や関東に伝わり,江戸後期の画壇に写実主義の風潮がひろまる契機となった。(4)南宗画(文人画)派も伊孚九(いふきゆう),費漢源,江稼圃(こうかほ)らの来日中国画人に負うところが多い。…

※「熊代熊斐」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

熊代熊斐の関連キーワード為笑狩野高信画猫道人愚庵(1)篠嶋元琪春挙雪篷羽賀林真北幸山本素川