コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

益継 ますつぐ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

益継 ますつぐ

?-? 室町時代の画家。
宝徳3年(1451)制作の十二支の動物の戯画があり,そのあとに「倭画(やまとえ)の法をまもるものなり」としるされている。六角絵所預(えどころあずかり)を称した寂済(じゃくさい)の後継者とみられる。

益継 えきけい

ますつぐ

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

益継の関連キーワード山東還付問題室町時代藤原光益六角益継中臣逸志

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android