コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

監理ポスト かんりぽすと

知恵蔵の解説

監理ポスト

証券取引所において上場有価証券が上場廃止基準に該当する恐れがある場合、投資家がその事実を認識したうえで取引ができるように、監理ポストに置いて取引を継続する。割当期間は、廃止基準に該当するかどうかが明確になるまでで、一律に定められているわけではない。廃止基準に該当しないことが明確になれば通常の取引に戻される。廃止基準に該当することが明確になった場合には整理ポストに割り当て、1カ月の売買を可能とした後で上場を廃止する。

(熊井泰明 証券アナリスト / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

監理ポスト

株主数、報告書の虚偽記載など、上場廃止の基準にふれる可能性がある株の銘柄について、その事実を投資家に知らせ、監視しながら売買を継続するために他の株式と区別しておかれる場所。真柄建設の場合、報告書を期限内に提出できないことを理由に、監理ポストに指定された。基準にふれない状況になれば通常の取引に戻る。基準に抵触することが明らかになれば「整理ポスト」に移され、上場廃止になるまで売買される。

(2007-12-21 朝日新聞 朝刊 石川全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

大辞林 第三版の解説

かんりポスト【監理ポスト】

上場株式が上場廃止基準に該当するおそれがある場合、その事実を投資者に周知させるため割り当てる特別のポスト(立会場所)のこと。 → 整理ポスト

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

監理ポストの関連キーワードIHIの決算訂正証券取引所

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android