コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

監督権 カントクケン

デジタル大辞泉の解説

かんとく‐けん【監督権】

上級官庁下級官庁を指揮命令し、その行為を監督する権限
国家が都道府県・市町村などの地方公共団体を監督する権限。
国家が銀行・会社・取引所または個人の営業を監督し、取り締まる権限。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

監督権
かんとくけん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

監督権の関連キーワード内閣総理大臣の権限・地位アレイオス・パゴス会議計算書類付属明細書改正個人情報保護法ゾンダーブント戦争アルヘシラス会議行政不服審査制度欧州議会内会派定期傭船契約自治紛争調停李承晩ライン職務執行命令国民参政会指揮権発動地方事務官永山 盛輝地方事務所首相の権限ムフタシブ司法行政権

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

監督権の関連情報